フッ素

こんにちは。京都府八幡市あゆみ歯科クリニック勤務医の佐々木です。

今回のブログのテーマは子供のフッ素塗布についてです。

当院に定期健診で通われているお子さんに毎回フッ素塗布を行っておりますが、みなさんフッ素塗布の効果はご存知でしょうか?

人は食事をすると、カルシウムやリンが溶け出す「脱灰」というサイクルを繰り返します。これが虫歯のきっかけを生む訳ですが、唾液が溶けた成分を元に戻してくれることで虫歯を防ぐことができるのです。これを「再石灰化」と呼んでいて、フッ素はこの再石灰化を促進させることが可能です。

つまりフッ素は歯質を強くする作用があり、初期状態の虫歯なら元の健全な歯質に回復することも可能なのです。

市販の歯磨き粉にもフッ素は含まれているのですが、歯医者さんでフッ素を塗ってもらうというメリットは、『お子さんを歯医者さんに慣れさせておく』という側面があります。また、市販のフッ素よりも濃度が高く予防に有効ですので、定期的に歯医者さんでフッ素塗布を行うメリットは十分にあると思います!

乳歯は大人の歯(永久歯)よりも薄いので虫歯になりやすく、進行も早いのが特徴です。フッ素を塗るタイミングとしては、乳歯が生えた直後に塗るのがより有効であるとされています。普段きちんと歯磨きを行った上でぜひフッ素塗布を試してみましょう。

 

そうそう、僕の娘も7か月になり、下の乳歯が2本顔を出したんです!

寝る前に膝の上で歯医者さんごっこをして、0歳児用の歯ブラシで磨いたり、おしりふきで歯をふきふきしたりしてます。

まあむっちゃ嫌がるし、その後おっぱい飲んでから寝るんですけどね!(笑)yjimageBBQ9KLGY