ダイレクトボンディングセミナーに参加してきました。

こんにちは、枚方市長尾の歯医者さんあゆみ歯科クリニック長尾 院長の日野です。

なんだかすごく久しぶりの更新な気がします。

あ、気のせいではないですね、ずっとサボってしまっていました。

先日、愛知県でダイレクトボンディングのセミナーを受講しました。

ダイレクトボンディングとは虫歯を除去した箇所に型取りをして装着する(インレー、クラウン)のではなく、直接コンポジットレジンを充填する方法です。

ダイレクトボンディングの一番のメリットは歯を削る量を減らせることです。その一方で強度的な問題から奥歯の力がかかる所には銀歯やセラミックのほうが良いとされてきました。

しかし近年では充填方法やコンポジットレジンの物性の改良により奥歯でもこういった方法が適用できるようになってきました。

今回の講師は埼玉県で開業されている青島デンタルオフィス 青島徹児先生。

ダイレクトボンディングにかかわらず様々な治療で世界各国で講演をされているまさに日本の巨匠ともいえる先生です。

Bio emulation (生態模倣)という考え方をもとにした歯科治療に取り組んでおられ、これはダイレクトボンディングに限らずセラミック修復などにも役立つ内容だと感じました。

そしてスライドがとてつもなく美しい…

治療の方はすぐにはマネできないレベルでしたが、こちらは今すぐ取り入れることができそうなのでまずは真似ぶことから始めてみようと思います。

今回の会場だった知立研修センターですが、一人一台マイクロスコープが用意されていました…

これもスゴイ…