みたらし祭り

こんにちは、歯科医師の笹野でず。梅雨も明け連日暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。体調など崩さぬよう皆様、お身体ご自愛下さい。

さて、以前のブログでも軽く触れはしましたが、先日京都下鴨神社のみたらし祭りに行ってきました。このお祭りは毎年10日間程開催されているもので、京の夏の風物詩として、無病息災を祈る多くの参拝者で賑わいをみせます。

具体的には、境内の御手洗池に裸足で入り、お祓いの神様に参拝した後、ご神水を飲み心身を清めるといったものです。しかしこの池の水温、かなり冷たく、深さも膝ぐらいまであります。夏の暑い時期にはありがたいのですが、洋服が濡れたりとちょっと大変でした。

境内のなかには屋台なども多く出ていて、帰りにはみたらし団子を頬張りながら家路につきました。夏の京都にはまだまだ多くのイベントがあるので、また足を運んでみたいと思います。